top

ガーデニングを始めた

ガーデニングに目覚めたのは敷地の南西側に家が建つことになり, 太陽の当たっていた場所が
日影に なることが予想できた事から始まります。

日陰と庭 建売が出来上がり、日影になった
南西側の場所は 芝生を植えていました。

芝生はそれほど好きではありませんが
雑草が生えるよりは良いので定期的に
芝刈機を使って平らに 揃えていました。

芝生は半日以上の日照が無いと生育でき
ないと聞いていたので日影になった事で
芝生に替わる植物をネットで探してみました。

シャドウガーデンと言われる日影の庭の
紹介した頁に出会い、日影の多彩な植物を
楽しむ庭が増えていることが分かりました。
木漏れ日を楽しむ雑木林風の庭も日影植物が多く、シャドウガーデンと 雰囲気が重なります。

雑木林の庭を紹介した頁を巡回すると、森を散策し、山の木々や雑草と呼ばれる野の草花の名前を
調べてアウトドアライフを楽しんだ 時期を思い出し懐かしくなりました。

キャンプで朝起きて、川辺に行くとエゴノキの白い花がいくつも水面に浮んで流れて来ました。
その時の感動は今でも鮮明の覚えています。

照葉樹林と呼ばれる常緑樹のシイ、カシ、クスノキ,ホルトノキなどが林立した暗い森の中でひそかに
生えている落葉樹の低木の木々・・・
落葉樹の高木になるエゴノキ、ハンノキ、ナツツバキ、ブナなどの明るい森の下の多彩な低木や野草・・・
どの森も魅力的です。

庭には季節の変化を楽しめる落葉樹の木々を主に配置して、常緑樹は変化をつけたり、視線を遮る
ように置くと面白そうです。ガーデニングの方向がだいたい決まりました。

庭のデザインや植栽の事を考え始めると、際限なく、無限に楽しめそうです。
幼いころ砂場で山を作ったりトンネルを掘って遊んだ事を、大人になって繰り返すのが庭造りなのかも
しれないと感じていますw


top